街路灯が赤い。一瞬ラブホのようだとも思ったけどもっとロマンチックだった

部屋探しに来てマンスリーマンションを契約した日から一ヶ月以上が過ぎ、今は仮住まいの部屋を出て、普通の賃貸アパートに引っ越しています。

まだ冷蔵庫や洗濯機などがなく、通常運転とはいきませんが…(なので生活が高コストになってしまっている)

オレンジランプ

今の部屋で寝泊まりするようになった時、家の前の街灯が妙に赤く感じて驚きました。まだ夜はほぼ出歩いてないし(笑。早寝早起きなので)、近所に白色灯も普通にあるけれど。

札幌のような雪国では降雪時の視認性のためにナトリウムランプが使用され(トンネルなどと同様の理由)、そのため街路灯がオレンジ色の光になっている場合が多いとネットでには書いてあります。

市としてはCO2削減などの理由でLEDに変更していく方針とも聞きますが…

雪の夜なんかは街がオレンジ色に染まるそうです。一度、もいわ山からの夜景を見に行かなければ…と思っているけど、夜はどうせカップルばっかりだろうから行くのは躊躇っている(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Translate »