さっぽろ雪まつりを見学。初日の様子 その2

西13丁目にある「札幌市資料館」

さっぽろ雪まつりは今年で第68回を迎えるそうです。
前回は西6丁目まで投稿しました。そこからの続きです。(写真多しデータ量注意です)

大きな雪像もいいですが、9丁目、12丁目にある2m、3mサイズの市民雪像も力作揃いで見ていて楽しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「HBCフランス広場」(7丁目)

HBCはこちらのテレビ局でTBS系列。

世界各国との友好・交流を深める広場ということで、今回はおフランスの凱旋門。スケールが実際の大きさの約1/3だそうです。

大雪像なれど、上の人型の彫りなどかなり細かいです。

7丁目は他にも中雪像があり「Anipop Club」という海外のゲームキャラクターらしいのだけど、私は何だか知りませんでした。

「雪のHTB広場」(8丁目)

8丁目は「興福寺 中金堂」です。これも大雪像で大きい!

近くで見ると大雪像でも芸が細かい。

夜の方が幻想的できれいか。

フードコートと人の様子↓。初日の夕方はこんな感じでした。ここはフードコートとありますが、食べ物屋は全域に渡って通路脇にあり腹が減って困ることはないはず。

観光ならすすきのまで行って海鮮やカニでも食べるのでしょうけど、私は地下で立ち食いそばをいただきました。すすきのは昔、出張で来た時にえらくいいカニを食べさせてもらったこともありましたが、何故かどこの店とかはまったく記憶にないんです。

8丁目はHTB広場ですが、HTBはこちらのテレビ局でテレビ朝日系列。onちゃん6ちゃんHTB! onちゃんおはようたいそうじゃ。

「市民の広場」(9丁目)

ここは市民の広場ということで、大雪像のように大きくはないのだけど力作がたくさんあった。大きくないと言っても2mくらいはあるので決して小さくないのですよ。

どこで読んだか忘れたので不確かで、12丁目の市民雪像も入れてだと思いますが、たしか数も80体程あると書かれていました。貼れるだけ貼ってご紹介します。薄暗くて見えにくいのは申し訳ないっす。

ピカチュウ

ドナルドとデイジー?

そっくりすぎて笑えるPPAP

スーパーマリオ。ゲームにハマったのはもう30年以上前だよ。ずっとBボタン押しっぱなしだったよw。アスキースティックでだけど。当時はネットがなかったので暇すぎてほとんど感情を動かさずクリアできるまでやりこんだもんだ。

キハ40-101

「白いスター・ウォーズ」(10丁目)

フジテレビ系列局UHBのブースです。

中学生の頃、友人同士何人かで最初のスター・ウォーズを観に行った思い出がありますが、地元に何軒もあった街中の映画館はなくなって国道沿いのシネコンになってしまいました。

上より少し暗くなってきた。

左、雪像じゃありませんが。この格好はしてみたい気がする。右(下かも)はスター・ウォーズ像の対面にある巨大なカップヌードルで裏がすべり台になっている。

「国際広場」(11丁目)

公式HPに「世界各地の国・地域・都市によるチームが参加して雪像制作を競いあう」とあります。私が訪問した日はまだ作製中でした。赤くマーキングがしてありますね。

初音ミクの「雪ミク」もあった! Twinkle Snow Ver.となっています。

「初音ミク」とは、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」

こういうボーカロイドで音楽を楽しむソフトウェアがあるんすね。

「市民の広場」(12丁目)

ここも9丁目同様、市民の広場です。こうやってずらっと雪像が並んでいるのです。反対側にもありますよ。

向こうに見える立派な建物は「札幌市資料館」。

コンサドーレ札幌マスコット「ドーレくん」。

鋼の錬金術師。これは古本で買って全巻読んだなあ。

シン・ゴジラ

ジンギスカンのジンくん。かわええのう。

雪像の数が多く全部を写真に残している人はいないようですが(動画はいたかも)、皆思い思いの場所で記念撮影をしていました。

テレビ塔の反対側まで来ました。実際はこれから歩いて大通駅まで戻ったんですけどね(健脚でありがたいことです。多くの観光客が歩いてますが) しかし歩いて戻らなくても西11丁目という駅がありますので大丈夫)

そしてふり返ってテレビ塔方面を見る。この場所からテレビ塔まで約1.5kmあります。下の写真でテレビ塔が分かるでしょうか。思えば遠くまで来ました。

ここまでご覧いただきありがとうございます。さて、ずく(信州方言)出して「小樽雪あかりの路」も行くかな。来年かな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Translate »